㈱ワイズテーブルコーポレーションが、Iconic Locations Limited(シンガポール)との合弁で 「CÉ LA VI」を出店します

株式会社ワイズテーブルコーポレーション(本社:東京都港区)と、Iconic Locations Limited(事業上の本社:シンガポール)は、折半出資の合弁会社、株式会社Iconic Locations Tokyo(仮称、以降も同様)を日本に設立の上、東急不動産株式会社が2019年秋竣工に向けて事業推進中の「東急プラザ渋谷」の17~18階に、日本初上陸となる「CÉ LA VI Tokyo(仮称、以降も同様)」をオープンします。
 
「CÉ LA VI」は、シンガポールのカジノを備えた総合リゾート「Marina Bay Sands」の最上階(57階)において、レ ストラン・バー・エンターテイメントゾーンを運営し、世界中から人気を集めるシンガポールのランドマーク となっているほか、香港、サントロペ(フランス)でも人気の高い店舗を展開しています。
 
日本初出店となる「CÉ LA VI Tokyo」は、今後の「CÉ LA VI」ブランドの海外市場での展開に向けて刺激的で重要なマイルストーンとなります。具体的な事業の作りこみにあたっては、日本市場における飲食事業に卓越した実績を有するワイズテーブルコーポレーションがそのノウハウを注入し、ファインダイニングエリア、カジュアルダイニングエリア、バー・エンターテイメントエリアの3つのコンセプトを併せ持つ旗艦店として、オリンピックに向け国内外から注目を集める「世界の渋谷」のランドマークとなることを目指します。
 
弊社は、ワイズテーブルコーポレーションの事業開発・経営企画・財務アドバイザーとして、本件のとりまとめを担当して参りました。今後も、2019年秋の竣工に向け、引き続き関係各社との緊密な連携のもとで、本件の実現を協働して参ります。
 
CÉ LA VIの有する世界でのブランド認知、世界市場でのマーケティング力と、ワイズテーブルコーポレーションの有する店舗運営能力を存分に発揮することで、新会社として日本市場で大きな成功を収めることを確信しております。
 
 
東急不動産株式会社_ニュースリリース
 
株式会社ワイズテーブルコーポレーション_合弁会社設立に関するお知らせ PDF
 
株式会社ワイズテーブルコーポレーション_プレスリリースPDF