相談役に高田佳岳氏を迎えます

㈱オクトフォースマネジメントは、弊社グループが推進している水産流通事業が、10月1日付で「特定有人国境離島地域 雇用機会拡充事業」に認定されたことを受け、水産分野に特段の知見を有する高田佳岳氏を同日付で相談役に迎えます。

弊社グループは、同氏のノウハウを積極的に取り込むことで本事業の成長を企図して参ります。

高田佳岳氏の略歴は以下の通りです:

2005年 博報堂入社。
営業として、キリンビールの洋酒全般の店頭セールスプロモーションと三井不動産の日本橋プロジェクトの第一歩であったコレド室町のコンセプトワーキング、リーシングツール制作から始まり、立ち上げに関わる全業務、その後の経常販促プランニングなどを主に担当。広告におけるATLからBTLまで幅広くかつ深く携わる。

2011年 東日本大震災をきっかけに、東北の被災地沿岸十数か所で、同日、同時刻に、鎮魂と復興の祈りを込めた花火を打ち上げる、LIGHT UP NIPPONを主宰。

2013年 博報堂退社後、プロモーションプロデューサーとして広告業を行いながら、産地直送にこだわった魚介専門の居酒屋をプロデュース。大学時代から培った水産系のネットワークを活用し、地域の産品の販売促進、販路開拓などに取り組む。

2015年 農林漁業成長産業化支援機構の6次産業化プランナーとして全国の一次生産者の6次化に向けた商品開発や販売促進、販路開拓などのサポートを行う。

2017年 内閣府の特定有人国境離島地域プロジェクト推進アドバイザーとして委嘱を受け、全国の国境離島地域を回り、事業者や行政のサポートを行なっている。
 
 

東京水産大学水産学部卒業

東京大学大学院海洋研究所修士課程修了(農学修士)

(著書)被災地に花を咲かせた日(竹書房)