飲食店を運営委託のもとで包括プロデュース

令和の老舗を創る

海鮮を使った飲食店を、事業計画の提案から、ブランディング、マーケティング、店舗開発、メニュー開発、そして実際の店舗運営までをパッケージでプロデュースしております。創業の地と創業者の名を冠し、日本橋「にし山」と銘打ち、伝統を重んじながらも変わりゆく東京で、”令和の老舗” を目指したブランディングを設定しました。

2021年5月に一号店の開業を目指す新たなブランドは、『オーセンティックでありながらモダン』な、新たなマーケットポジションを確立して参ります。

弊社サプライチェーンの強みを活かして

事業化においては、高い鮮度を誇る食材調達、鮮魚加工技術のサプライチェーンを最大限に活かし、メニューに組み込んでいます。グループ会社である「株式会社玄天」は、主要販売先である大手チェーンや量販店から、生産管理・ 環境配慮・商品開発について高い評価を受けており、本プロジェクトにおいても、提携先である九州や東北の生産者との協働を通じ、迅速かつ高品質な商品供給を主導します。

飲食業界を取り巻く環境変化をチャンスと捉え次なるステージへ

また、昨今の飲食業界を取り巻く環境変化を受け、これまで数店から数十店を切り盛りしてきたオーナーから運営委託や出口模索の依頼を受けるケースが急増しています。

テラハの舞台として若い世代の女性を中心に人気を集める「茶割」。代官山・目黒・学芸大学等、感度の高い顧客が集まるマーケットで、独創的なメニューと店舗を展開いています。

弊社は、従前から緊密な関係にある多治見オーナーからの要請を受け、事業計画の策定、食材流通、 商品開発、FC 開発、オペレーションマネジメント等の内部成長から、M&Aや資本提携等の外部成長やExitの模索等をワンストップで提供しています。

飲食業界の M&A や資本提携をクロスボーダーで手掛けています

日本の飲食チェーンが成長市場として多数進出するアジア各国において、現地パートナーとのM&Aや資本提携を通じ外部成長を企図するオーナーや、一定の地場を築いた事業の出口(Exit)を模索するオーナーに対して、投資銀行業務を核とする金融ノウハウと事業の仕組み作りを核とするオペレーションノウハウをワンストップで提供しています。 シンガポール企業との日本での合弁事業の立ち上げ、台湾企業との合弁による台湾市場への進出を始めとして、近時は、フィリピンにおける弊社のパートナーとの合弁によるマニラ市場への進出等も手掛けています。