横展開における独自性の構築

独自のビジネスモデルを構築し競争優位を確立

東京都品川区を本拠に、ゼネコンや不動産デヴェロッパー業界宛てに、建設現場や寮において社食や弁当販売等のケータリング事業を手掛ける「株式会社フィールドサービス」。
2018年11月に弊社が事業承継しました。
松永オーナーが数十年の歳月をもって積み上げた強固なネットワークをしっかりと承継しながら、神奈川県や福岡県等新たな地域への参入、緊密先の社食やケータリングの受託、空港やターミナル駅での弁当販売等、新たな展開を企図することで、さらなる事業成長を推進しております。

弁当製造事業の承継による新たなサプライチェーンの構築

日々数千食の弁当を多数の現場に提供するフィールドサービスのサービス体制と付加価値の向上を企図して、2019 年4月には豊島区大塚に本拠を置く弁当製造事業を事業承継しました。
建設現場への弁当提供の一部を内製化することにより、価格競争力を維持しながら多様なメニュー開発を推進することが可能となった他、弊社の環境コンサル事業とも連携し、省エネ野菜のPtoP取引や食材ロスを限りなくゼロに近づけるプロジェクト等にも積極的に貢献しています。
弊社は、フィールドサービスが掲げる「業界トップ」の地位を確立すべく、引き続き事業成長に邁進して参ります。