case1

世界的なエンターテイメント事業の日本拠点の立ち上げ

大盛況の CÉ LA VI Tokyo

2019年12月5日、渋谷再開発の象徴となる「東急プラザ渋谷」の17~18階に、日本初上陸となるCÉ LA VI Tokyoがオープンしました。

「CÉ LA VI」は、シンガポールのカジノを備えた総合リゾート「Marina Bay Sands」の最上階(57階)において、レストラン・バー・エンターテイメントゾーンを運営し、世界中から人気を集めるシンガポールのランドマークとなっているほか、ドバイや台北や上海でも人気の高い店舗を展開しています。

日本初出店となるCÉ LA VI Tokyoは、開業直後からコロナ禍に見舞われたにも関わらず、密にならない環境づくりに最大限配慮することで、当初事業計画を上回る実績を残すなど、渋谷のランドマークに恥じない活況となっています。

弊社は、フィナンシャルアドバイザーとして、本事業の国内でのとりまとめを担当して参りました。

株式会社オクトフォースマネジメントとCÉ LA VIに関するニュースはこちらのリンクからご確認頂けます。