case4

食のプラットフォームとの包括業務提携

コロナ禍がもたらした需要の変化に応える

昨今のコロナ禍は、食生活にも大きな変化をもたらしました。

店舗のビジネスからデリバリーやテイクアウトへ。国民の胃袋の数は変わっていないので、需要がシフトしていると言えます。

そうした社会の食に対するニーズに応えていくため、デリバリービジネスを担うプラットフォーム(仕組みを提供している会社)である株式会社TGALとは、包括業務提携のもと、幅広く事業で協働しています。

株式会社TGALは、多数のレストランや居酒屋からデリバリーの事業をライセンス契約した上で、稼働の改善を企図するゴーストレストランやキッチンがメニューに従った料理を提供し、uberや出前館等の流通プラットフォームを通じて各家庭へデリバリーする、その全体の仕組みを提供しています。その事業をさらに便利に、さらに魅力あるプラットフォームに成長させるべく、例えば新たなメニュー開発や、海外市場を含む新たな市場開発を、事業会社のメンバーとチームを組んで、実務的な取り組みを積極的に推進しています。